FX

FXのスプレッドとは?国内FX業者9社のスプレッドを徹底比較!

Kamiya
Kamiya

FXとは外国為替証拠金取引のことです。少ない投資金額でも大きな利益を出すことができる金融商品として、非常に人気があります。

FXは、外貨預金に比べはるかに低いコストで外貨取引を行うことが可能です。

FXにかかるコストはスプレッドというものになります。

そこで今回は、FXのスプレッドについてわかりやすく説明をしますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

FXのスプレッドとは?

みなさんは、テレビニュースなどで、「1ドル100.00円から100.02円で為替は動いています。」というふうに報道されているのを見たことはありませんか?

この100.00円から100.02円のことをスプレッドです。

つまり、ドルを買う場合は、100.02円になり、ドルを売る場合は100.00円になります。

ドルを買う場合と売る場合のレートに差がありますので、為替レートが全く動かなくても売買をすると損をしてしまうことになるのです。

この外国通貨を買うときのレートと外国通貨を売るときのレートの差のことをスプレッドといいます。

では、このスプレッドですが、どのように決まっているのでしょうか?

スプレッドはこうやって決まる!

この章ではスプレッドの決まり方について説明をしますね。

まず、為替レートは、マーケットに参加している銀行が提示をします。

マーケットには複数の銀行が参加をしているので銀行によって提示する為替レートは異なることが一般的です。

FX会社は、カバー先と呼ばれる提携している銀行から為替レートの提示を受け、最も良い為替レートを提示している銀行の為替レートを採用します。

そして、FX会社は、銀行から受けた為替レートの水準を判断し、スプレッドを上乗せして顧客に提示する仕組みです。

スプレッドは、FX会社のホームページに書いてある通り、一定の範囲内で通貨ごとに決まっています。

このスプレッドは、FX会社によって全く異なりますので、自分が取引する通貨ペアのスプレッドが狭いFX会社を選ぶようにしましょう。

しかし、スプレッドは、相場動向によってホームページで掲示されているスプレッドよりはるかに広いスプレッドになることがあります。

はるかに広いスプレッドになってしまう理由について次の章で説明しますね。

約定力によってスプレッドは左右される!

FX会社が提示しているスプレッドで、実際に取引できるかは、FX会社の約定力に左右されます。

いくら狭いスプレッドを提示していても、約定力が低ければ、スリップページという注文を発注したときのレートと、実際に注文が約定するときのレートに差が生まれてしまうのです。

このスリーページが発生してしまうと、いくら提示しているスプレッドが狭くても全く意味をなしません。なぜなら提示しているスプレッドで約定できる可能性が限りなく低くなってしまうからです。

約定力に関しては、FX会社のホームページで確認することができますので、スプレッドだけではなく約定力に関してもしっかり確認するようにしてくださいね。

 

国内FX 【DMM FX】評判、口座開設方法を写真付きで徹底解説!国内FX業者DMMFXの評判や口座開設方法を写真付きで徹底解説しています。...

 

主要FX会社のスプレッドを大公開!

いくら狭いスプレッドのFX会社を選んでくださいねと言われてもいちいち1社ずつスプレッドについて確認するのはめんどくさいですよね?

そんなめんどくさがりの方のために、この章では主要FX会社のスプレッドについてまとめました。

約定力についてはどのFX会社もおすすめできる水準になりますので安心してくださいね。

会社名 SBIFXトレード 外為どっとコム ヒロセ通商 セントラル短資FX みんなのFX DMM FX YJFX! GMOクリック証券 LIGHTFX
取引単位 1通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 10,000通貨 1,000通貨 10,000通貨 1,000通貨
米ドル円

スプレッド

0.1銭 0.1銭 0.2銭 0.2銭 0.2銭 0.2銭 0.2銭 0.2銭 0.2銭
ユーロ円

スプレッド

0.28銭 0.3銭 0.4銭 0.4銭 0.4銭 0.5銭 0.5銭 0.5銭 0.4銭
ポンド円

スプレッド

0.5銭 0.6銭 1.0〜3.6銭 0.9銭 0.8銭 1.0銭 1.0銭 1.0銭 0.9銭

ぜひ、この一覧表を参考にして、どのFX会社を選ぶのか決めていただければ幸いです。

 



スキャルパーにとってスプレッドは命!

スキャルパーとは、1回の取引でしの利益を積み重ねていくスキャルピングを主に行うトレーダーのことです。

スキャルピングは、1回あたりに取る利益が少ないので一日に何度も取引をするトレードスタイルになります。

当然ですが、トレード回数が増えますのでスプレッドの違いは最終的な損益に大きく影響しますので、スキャルピングを主に行いたい方は、スプレッドには特に注意するようにしてくださいね。

 

国内FX【みんなのFX】評判は?口座開設方法を写真付きで徹底解説!国内FX業者みんなのFXの評判、口座開設方法を写真付きで徹底解説しています。...



まとめ

今回は、FXのスプレッドについて説明をしました。FXは銀行の外貨預金とは違いはるかに低いコストで外貨取引を行うことができます。

しかし、FXにも外貨預金よりははるかに安いですが、スプレッドというコストがありますので、スプレッドの違いによって最終的な損益は大きく影響されることになります。

ぜひ、今回の記事を参考にFXのスプレッドについての理解を深めていただければ幸いです。